覚えて迷子知らず!京都通り名の歌

京とはごちゃごちゃしていて道に迷いやすい!自分の今いる場所が分からない!と言うのは京都初心者にありがちなこと。しかも、地元民に道を聞いても地元民だけに通じる言葉で返されたりするものですから、大変です。でも、京都は道路が整然と並んでいますので、慣れれば迷うことなんてないんですよね、実は。京都で迷子にならないためには大通りの名前をきちんと憶えておくようにしましょう。

しかし、大通りの名前を覚えると言ってもややこしくて全部は覚えきれません。そういう人は、歌で覚えるのが手っ取り早い!京都の人たちは昔から歌で自分たちの街並みを覚え、歩いてきました。通り名の歌、それは京都の人たちが自分たちの住むところで迷子にならないように作った大事な道案内の歌なのです。

まず、東西に走る横の通りからおぼえます。

まるたけえびすにおしおいけ、あねさんろっかくたこにしき、しあやぶったかまつまんごじょう、せったちゃらちゃらうおのたな、ろくじょうさんてつとおりすぎ、ひっちょうこえればはっくじょう、じゅうじょうとうじでとどめさす。これが横の通りの覚え方です。

漢字で書くと、丸竹夷二押御池、姉三六角蛸錦、四綾仏高松万五条、雪駄ちゃらちゃら魚棚、六条三哲とおりすぎ、七条こえれば八九条、十条東寺でとどめさすです。

丸太町、竹屋町、夷川、二条、押小路、御池、姉小路、三条、六角、蛸薬師、錦小路、四条、綾小路、仏光寺、高辻、松原、万寿寺、五条、六条、七条、八条、九条、十条が北から順に東西に伸びる道と言うことですね。

東西の道の歌があるということは、南北の歌もあるはず。そう、やっぱりあります。南北の歌。

てらごこうふやちょうとみやなぎ、さかいたかあいひがしくるまちょう、からすりょうがえむろころも、しんまちかまんざにしおがわ、あぶらさめがいでほりかわのみず、よしやいのくろおおみやへ、まつひぐらしにちえこういん、じょうふくせんぼんはてはにしじん

漢字は、
寺町御幸麩屋富柳、堺高間東車、烏丸両替室衣、新釜西小川、油醒ヶ井堀川の水、葭屋猪熊黒大宮、松日暮に智恵光院、浄福千本はては西陣。

見るからにウへ~ってなるほどの覚え方!筆者はこれを覚えるの時間がかかりました。これは東から南北に走る通りを現す歌です。

寺町、御幸町、麩屋町、富小路、堺町、高倉、間ノ町、東洞院、車屋町、烏丸、両替町、室町、衣棚、新町、釜座、西洞院、小川、油小路、醒ヶ井、堀川、葭屋町、猪熊、黒門、大宮、松屋町、日暮、智恵光院、浄福寺、千本の順ですね。

地図で確認してもらったらわかりやすいと思いますが、この並びの順でしっかりと街並みがわかります。歌と言うだけあって、ちゃんとリズムもありますのでインターネットなどで調べてみてくださいね。リズムに乗って覚えると覚えやすいですよ。京都に行く前に頭の片隅に入れておきたい歌です。「次はどこに行きたい!」「この看板の意味は?」なんて思ったときにはこの歌がきっと役に立つことでしょう。


お金がない・・・借入先に困ったら迷わず「レイク」に申込!
詳しくは「新生銀行カードローンといえばレイク!気になる評判を紹介」を御覧ください。