縁結びの神様はこの神社に!

神様にお願いすると言えばやはり縁結び!と言うわけで、縁結びを得意とする神様がいる神社を選んでみました。神様にお願いして良縁つかんじゃいましょう!

さて、鉄板中の鉄板【地主神社】から始めましょう。恋占いの石があるこの神社、修学旅行生などががんばって挑戦しています。筆者も中学生の頃、修学旅行で友達とやってみた経験が(笑)結果は内緒です。占いの方法は超簡単!石が2つあるのですが、目を閉じたままその二つの石の間を移動すればいいだけ!見事二つ目の石に到着できれば恋はかなうそうです。一度目にちゃんとつけばコイがかなうのは早く、2~3度となると成就までにちょっと時間がかかる、人に助けてもらってつけば恋愛も人のアドバイスがないと無理!だそうで…。なんでも縄文時代からこの場所にこの石があったそうなので、私たちの大先輩ですね!某アニメに出てくる恋愛のエキスパートたちの仲間なのではないかと思ってしまいます。御祈願前にちょっと占ってみるのもいいんじゃないでしょうか?

【貴船神社】は平安時代から縁結びで有名な神社!結び文(むすびぶみ)w結んで祈願するとお願い事が叶うそうですよ。縁結びのお願い事を聞いてくれるのは個々の中宮に祀られている磐長姫。この磐長姫は木花咲耶姫のお姉さん。アマテラスの子孫である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)は木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)に一目ぼれをし、妻に迎えたいと言います。木花咲耶姫の父親である大山津見神(オオヤマツミカミ)は喜んで木花咲耶姫を送ってくださいました。その時、木花咲耶姫だけでなく、姉の磐長姫も一緒に嫁入りしてきたそうです。しかし、木花咲耶姫が美しいのに対し、姉の磐長姫は顔がちょっと残念だったため、瓊瓊杵尊は木花咲耶姫だけを妻にし、姉の磐長姫を送り返してしまった、そういう伝説があります。筆者はそんな思いをした磐長姫がほかならぬ縁結びの神として知られているということが何か深い意味があるのではと感じています。水に浸すと文字が浮き出てくる水占みくじもユニークで面白いですので是非一度訪れてみてください。

プレイボーイが恋愛をサポートしてくれるのは【八坂神社】の末社にある【大国主社】大国主と言えば神様の中でもプレイボーイとして知られている人物。行く先々で恋の花を開かせた大国主様が恋愛のの神様だなんてなっとくですよね!

下鴨神社にある【相性社】には神皇産霊神(かむむすびのかみ)がまつられていて縁結びのご利益が期待できます。ここがどれだけすごいのかと言うと、すぐ隣に生えている木は2本の木が一本になってしまうほど!ふか~いきずなで結ばれたいあなたは、ぜひ、ここで恋愛成就祈願を!

恋愛ってなかなかうまくいかないからこそ神様に頼りたくもなってしまうんですよね。本当に純粋な気持ちで相手を思っていれば、きっと神様も手助けしてくれるはず!恋に悩んだら遠慮なく神様にお願いしちゃいましょう。