厄除け祈祷はこの神社にお任せ!TOP3

最近なにか運が悪いな…と感じたあなた!京都で厄除けしませんか?京都は歴史ある神社がたくさんありますので、当然、厄除け祈願を主なご利益としている神社も数多く存在しています。今日はその中でも特に筆者がおすすめする3つの神社をご紹介しちゃいます!

まずは【上賀茂神社】。京都で一番ふる~い歴史ある神社です。この神社は雷のご神威があり、その雷絵バリバリバリ~!と厄を払ってくれるそうなんです!雷で厄を払うって、なんだか効きそうですよね。桓武天皇の代から天皇の住むお城の守護をし、鬼門を守り、総地主の神としてあがめられているこの神社、いわば、京都の神社の親玉的な存在です。現代でも鬼門や裏門に塩を盛って清める風習が残っていますが、これは上加茂神社の立砂のまねっこ。厄が入ってこないように、悪い運気が入ってこないようにと、昔の人たちは上加茂神社を真似て自分の家にも施したんでしょうね。

意外と知られていないのが【吉田神社】。観光地としてはあまり有名なところではありませんが、参拝客はとても多いですし、厄除け神社としてはよく知られています。平安京を守護するために建立された歴史あるこの神社の節分祭は毎年、たくさんの露店が立ち並び、4,50万人の人でにぎわいます。実はもともと、豆をまくのは厄払いのためであったと言われていて、吉田神社はその習慣を今に伝えているのです。かなりの規模で開催される吉田神社の節分祭中は、参拝者の厄を代わりに担ってくれるという厄塚が用意され、参拝者たちはこぞって、自分の厄を引き受けてもらおうとします。また、節分祭期間中にのみ授与される神符は、魔よけの力があると言われているくちなしの色をしていて、厄除けのご利益を得ることができるため、毎年大人気です。厄除けのために吉田神社に行こうと思っている人はぜひ、節分祭期間中に行ってみてください!その賑わいに圧倒されること間違いなしです。

最後は筆者が一番おすすめする【八坂神社】。八坂さんとか祇園さんと呼ばれる八坂神社はアクセスの便がよく、旅行ついでにお手軽に厄除けできるのが魅力。観光地としても地位を確立していますので観光を兼ねた厄除けにもいいかもしれませんね。遥か昔に流行った疫病を沈めたことから一躍有名になった八坂神社、筆者も厄除けしていただきました!ご祈祷の順番待ちの待合室の片隅に、青龍石と言うきれいな碧い石が置いてあり、守護石として分けていただけます(有料)。もちろん筆者も購入。我が家の東南の玄関に飾らせていただいてますよ!八坂神社が美しいのは夜ですたくさんの芸妓さんや舞妓さんたちの名前が書かれた提灯に灯りがともされ、何とも言えない美しさが漂います。なぜ芸妓さんや舞妓さんたち?と思うかもしれませんが、実は八坂神社には芸事の神様がいるんです。一芸に秀でたい!そんな思いがある人にもおすすめの神社ですね。もう一つおすすめなのは神社に関係ないんですが、八坂神社付近にあるローソン。超かっこいいです。和風なローソン、京都市内にちらほらありますので探してみてください!