京都旅行を一層楽しむための裏ワザを紹介します!

修学旅行のメッカでもあり、国内トップクラスの観光地として知られる、古都京都は、世界観光ランキングにも堂々の1位を獲得するほど、世界的な人気を誇っています。多くの著名人や海外俳優たちがこの京都を訪れ、感銘を受け、高い評価を付ける京都。たくさんの人たちを惹きつけてやまないその魅力は、何と言っても京都の持つ歴史の深さでしょう。

京都は1000年以上前の文化が、現代と融合して生き残っている不思議な土地です。京都が都に定められた平安の時代より、人々が往来を賑わし、朝廷が威信をかけ政治を行い、恋人たちの歌が日毎つづられていた京都。華やかな生活の裏には陰謀も渦巻き、庶民の生活もきっと楽ではなかったでしょう。それでもみんなが強く生きていた時代の様子を色濃く残す京都、古今和歌集が編纂され、院政が始まり、織田信長が最期を迎え、波乱の幕末が終焉した、常に政治の表舞台だった京都。数々の歴史の大舞台となってきた、そんな京都で歴史のロマンを感じてみるのはいかがですか?街中で、森の中で、神社で、歴史に触れるたびに、かつてここで生きていた人たちの息吹が聞こえてくるような気がしてくるのではないでしょうか。

京都は、その見どころの多さ、歴史の深さが織りなす魅力あふれる土地。一度行ったらその魅力に憑りつかれ、何度も行ってしまうなんて人も存在するほどです。

赤い鳥居が立ち並ぶミステリアスな伏見稲荷神社、幻想的な嵐山の竹林、原始の日本を思わせる糺の森、紅葉の美しい清水寺、にぎやかな錦市場、幕府の終焉を迎えた二条城、ちょっとあげるだけでもすぐにこれだけの見どころが思い浮かびます。

1000年以上の悠久の時の中、いつも京都は日本の中心地でした。政治や文化、経済の発展の中心だった京都は、まさに日本の原点ともいえる土地でしょう。古き良き日本の姿を残したまま、現代の文化と融合し、そこをとずれる人々の心をとらえて離さない京都。その美しさ、深み、魅力はきっと一生をかけても、すべて理解することはできないでしょう。京都は永遠に楽しめるテーマパークなのかもしれませんね。

私たちが忘れてしまった先人の知恵や生き方、思いなどがいっぱい詰まった京都で、何を感じるか。それは京都を愛した人のみが答えを知っているのだと思います。京を愛すること=日本そのものを愛することです。京の都を愛し、精一杯、私たちの祖先の思いを感じ取りましょう。

日本人としての誇りが失われつつある現代こそ、日本の文化に触れ、日本の文化を学び、日本の文化を守ることこそ、今を生きる私たちに課せられた大事な使命なのかもしれませんね。

堅苦しいことを言っちゃいましたが、このサイトでは、京都の魅力を楽しむための、ワンポイントアドバイスをご紹介しちゃいます。肩の力を抜いて、京都を目いっぱい楽しんでください。京都を楽しんだら次はアナタが京都マニアになる番です!京都最高!京都大好き!そんな風になってもらえたら幸いです。

天狗!?魔王!?最高のパワースポットとしても有名な鞍馬寺

京都にある鞍馬寺は天狗で有名。「なぜ天狗?」と思う人もいるかもしれませんが、実はあの有名な源義経(牛若丸)はここで天狗と出会い、修行をし強くなったと言われているからなんです。天狗に修行をつけてもらったのが強さの秘密だなんて、いかにもヒーローのサイドストーリーですよね。

この鞍馬寺、魔王殿と言ういかにも恐ろしい感じの名前が付いた院があります。「魔王殿って魔王が住んでんのかよ!」と思ったあなた、はい、正解です。魔王を祀っているんです。「本当に?」「なんで魔王なのか」って?鞍馬山には伝説があって、今から650万年前(すごい昔ですね!)、金星から魔王が降り立った地が鞍馬山なんだそうです。魔王と言っても某RPGのように世界征服をたくらみ、勇者が現れ、世界を救ったなんてことはないですよ?じつはこの魔王こそ、鞍馬の大天狗、つまり牛若丸に修行を付けた天狗のことなんです。つまり、魔王と天狗は一緒なんですね。天狗って何歳まで生きるんでしょうかね。ひっしゃのそぼくなぎもんd

鞍馬山には3尊、尊天が祀られています。毘沙門天は光の精霊、千手観世音は愛の精霊 、護法魔王尊(鞍馬の大天狗)は力の霊王 だそうです。それぞれ、光=太陽、愛=月輪、力=大地と自然をあてはめられているのがわかりますね。この3つの尊天がすべての生命を生かし育んでくれているのだというのが鞍馬寺の考えです。

すべての生命を育む元素がここにあること、宇宙から神々が降り立ったという伝説、鞍馬には天狗が住むという言い伝え、それらすべてが合わさり鞍馬寺は京都で一番ミステリアスな寺と言われています。それと同時に、霊的な力を得たい人や、護りがほしいという人たちにとって、大いなるパワースポットになると言われていて、その力は京都の中でも最高であるとも言われています。

自然を祀っているだけあって、神社は自然と調和され、自然の美しさ、強さ、清明エネルギーが感じられるようです。本堂から山を通り魔王殿に向かう道には木の音が張り巡らされていて、まるで大地の鼓動が聞こえてくるような気がすることでしょう。春は緑の木々が芽吹き、夏は青々とした風景が、秋は赤く染まった紅葉が、冬は雪に包まれた白い世界が楽しめます。どの光景も美しく、確かに力を与えられるような、命の根源がそこにあるような、そんな気持ちになれます。きっとそれこそが鞍馬寺のパワーなのでしょう。

本殿金堂前には六芒星が描かれ、パワーが最も高まっているとされているため、力を得たい観光客がその上に立ち祈っている姿も見ることができます。

霊的なスポットとしてだけでなく、歴史が好きな人にも抜群の人気を誇る鞍馬寺でちょっと癒されてみませんか?ここは本当に魅力的な場所。疲れた心をリフレッシュさせてくれる、そんなところです。一度行ったら病みつきになってしまうかもしれませんね!「ちょっと疲れたな」sんな人はぜひぜひ一度行って見てください!天狗と出会えるかもしれませんよ。

意外や意外!京都にイギリスの風景が!

京都と言えば日本の古都!その日本の古都京都のとある場所に古いイギリスの風景が存在します。とある場所とは京都市のお隣、亀岡市。なんの前触れもなく、唐突にイギリスの風景が出てきますので知らずに行ったらびっくりすること間違いなしです。このイギリス街の名前はドゥリムトン村。ただ、規模としては小さいですね。しかし、きちんとイギリスの田舎の風景が再現されており、違う国に来たのかと錯覚を起こすのは間違いありません。

この村、会員以外は入れない場所が多いため、一般の観光客は主に食事と買い物をしに来るだけのようです。イギリスにこだわっているからか、紅茶の種類が豊富で、おいしい紅茶がいただけるのはうれしいですね。羊やウサギなどが飼われているので動物好きの方にもいいかもしれません。

しかし、山道を長々と移動しなければならないこと(途中で着くかどうか不安になる)、コストパフォーマンスが決して良いとは言えないこと、会員以外は料理しか楽しめないのに料理がおいしいかと言うとふつうであることなどから、【京都観光は行きつくした!他の人が行ってないとこに行きたい!】と言う人や【イギリスの古い街並みにあこがれてたの!ぜひ行ってみたいわ】なんていう人だけが行くところのようですね。知名度が低い村なので、知っている、行ったことがあるというのは、地元の人や京都を知り尽くした人たちでしょう。

ここを知らない人が多いのは、写真撮影が禁止であることが多いからかもしれません。宿泊施設として選ぼうにも、その肝心な写真がないため、ためらっている人も多いですし、ネットでの情報もなかなか手に入れることができない、まさに穴場スポットと言えるでしょう。筆者は残念ながら会員ではないのですが、会員の人に聞くと、海外旅行した気分になれるというので、宿泊施設内も徹底してイギリスを再現しているようですね。食事内容もイギリスの伝統的な食べ物が多く、イギリス大好き!と言う人にはおすすめしたい場所かもしれません。近年ハリーポッターが大人気となりましたが、きっとホグズミード村もこんな感じなんじゃないかなと思わせるようなところです。こういう雰囲気が好きだわ!こんなとこで一日過ごしたい!と言う人は会員になってみてはどうでしょうか。会員登録は簡単です。問い合わせメールに会員希望と書いて必要事項を記入し送付すれば普通郵便で会員証が届きます。年会費は5000円程度ですので利用頻度が多い方なら会員になることをおすすめしちゃいます。

同じ京都とはいっても京都市とはお隣にあたる亀岡市。その山奥に忽然と姿を現すこの村は、神隠しにあったような気分になれるかもしれませんね。もし、何かのついでに寄れるようなら一度行ってみてはどうでしょうか?ただ、周囲に人に「京都でイギリスに行ってきた!」なんて言ったら周りの人は「???」と思うかもしれませんね。ちょっと変わった京都旅行にしたい方はぜひ、ドゥリムトン村に行ってみてください。

京の台所!錦市場で食べ歩き!

約400年の歴史がある京の台所、錦市場。市場なんて観光に関係ないじゃん!と思う人もいるかもしれませんが京の惣菜や京野菜など、現地でしか味わえない味がたくさん詰まった市場なんです!そのため、プロの料理人だけでなく、食べ歩き観光の一般人、京都民たちでいつもにぎわっているんですよ。京グルメに興味のあるそこのあなた!ぜひぜひ、食べ歩きしてみましょう!

まずご紹介するのは【三木鶏卵】。ここは職人さんが店の奥で卵焼きを焼いてる姿が見れます。その手さばきはまさにプロ!一番のおすすめはだし巻き卵(480円)なのですが、これがとってもおいしい!触感は柔らかく、かつおだしと昆布だしが卵と上手に混ざり合い、柔らかな甘みが出ていて癖になりそう!黄味餡パンメロンもおすすめ。メロンパンか!?と思いきや、中身からは卵クリームが(笑)やはり卵屋さんですよねー。すごく甘いんですが、嫌な感じではなく、わりと食べやすかったのでお子さんのおやつにいいかもしれません。まだ筆者は挑戦してないのですが、メニューには「特上」の文字が…。特上の味・・・・気になります!

美容が気になる女性は【池鶴果実】なんてどうですか?錦市場内唯一の果物屋さんなんですが、その場で果物を絞ってフルーツジュースを作ってくれるんですよ!あれとこれとそれ!なんて自分で果物を指定できるので自分好みの果物ジュースが飲めますね。新鮮でオイシイ果物を丸ごとあじわっちゃいましょう。のどが渇いたときにこのお店を見つけたら速攻入店することをお勧めします!お値段お安くお得なお店です。

京のお惣菜が食べたければ【井上佃煮店】に行ってみてください!おばんざいがたくさん並んでます!お土産にも喜ばれる商品が多数ありますので是非是非寄ってほしいところ!ここの名物はチョコレートコロッケ。錦市場名物とかネタ食品とか言われますが割とおいしいです。が、やはり惣菜と言うよりはお菓子感覚ですね。100円と言う手軽な料金で食べれるので珍しいものが好きな人にはいいかもしれません。話のネタにおひとついかがですか?筆者的にはちりめん山椒やとうがらし昆布が好きですけどね!

京漬物の【うちだ】もいいですね。京都の漬物はとってもおいしいことで有名。お土産にも喜ばれます。着色料や保存剤が使われていないうえ、使っている野菜はすべて畑から品質管理をしているという徹底ぶり。健康志向の人の間でファンが多いお漬物やさんです。試食もさせてくれますので味比べしてもいいかも?

錦市場で手に入るものはグルメだけではありません。調理器具の販売もお任せです!さすが古都京都、かなり上質な調理用具が手に入ります。名前も彫り込んでくれるのでプレゼントとしても大好評!一生ものになりますので嫁入り道具にもぴったり!?

さすがというかなんというか、京都の市場はただの市場ではありません。結構楽しめますのでぜひぜひ足を運んでみてほしいと思います。

新撰組ゆかりの地巡りはここを抑えておこう!

今、若い人たちの間で静かな幕末ブームが起こっているようですね。特に薄○鬼を代表するように幕末をモチーフにした乙女ゲームも発売され、その人気は加速しているようです。そのため、京都観光をする若い人も増えてきているように感じます。幕末ブームの中心となっているのはやはり新撰組でしょうか?近藤勇や土方歳三など、夢を追い、命を賭した男性の姿に感銘を受ける気持ち、よくわかります。そんな新撰組の軌跡を京都で見てみましょう。

まずは壬生寺。壬生のオオカミと言われた新撰組は、壬生で結成されました。この寺の境内には新撰組隊士の墓があります。

新撰組の拠点となったのは屯所です。最初に屯所が設けられたのは【八木邸】。近藤勇、土方歳三、芹沢鴨など最初の新撰組メンバーたちの出発点ですね。芹沢鴨粛清もこの八木邸で行われ、その部屋が今でも残っています。芹沢鴨が逃げる時に躓いたという文机、鴨居の刀傷が、事件時のすさまじさを伝えてくれることでしょう。現在は和菓子屋となっていますので抹茶&お菓子のセットをいただきながら当時に思いをはせてください。ちなみに前川邸のほうは土日以外は一般公開されておらず、見学は難しいです。しかし、ここは当時の落書きを見ることができたりしますし、山南敬助や野口健司が切腹したところでもありますので見学できるようなら立ち寄ってみるのもいいでしょう。

有名なところは【池田屋】。新撰組ファンなら一度はいっておきたいところですね!池田屋事件は新撰組の名前を世に知らしめた事件です。池田屋に潜伏していた尊王攘夷志士たちを新撰組が襲撃、見事少人数での勝利を果たしたという伝説が生まれたこの店、現在は居酒屋ですので、お酒でも飲みながら当時を思いましょう。

伊東甲子太郎惨殺の現場、【七条油小路辻】も新撰組ファンがよく訪れる場所。この場所のことはにわかファンにはわからないかもしれません。新撰組を脱退した伊東をとある場所に誘い込み、酒に酔わせて殺害、その死体を七条油小路辻に放置し、遺体を探しに来た伊東派と戦ったのです。ちなみに伊東は、重傷を負いながらも【本光寺】まで逃げますが、寺の前で絶命。その後前述のとおり油小路に捨て置かれたそうです。本光寺は今でも残っており、そこも新撰組ゆかりの地として石碑が置かれています。

ゆかりの地と言うわけではないですが、【新撰組記念館】もおすすめです。新撰組ファンの官庁が個人でやっている記念館なので不定休なのが玉に瑕。でも、新撰組に関する書籍や資料などがたくさんそろっており、館長自身も新撰組の知識が豊富なため、マニアにはうれしい場所になることでしょう。訪れた人には館長が土方歳三の俳句短冊をくれます。気になる人は電話で確認してから訪問するといいですよ。

今からほんの200年ほど前に実際に生きていた人たちの足取りをたどると知らなかったものの見方が見えてくるようですよね。幕末の志士たちが日本の未来をどう見ていたか、どういう姿勢で変わりゆく時勢を見つめていたか、それをしることは今を生きる私たちのこれからに影響るのではないかと思います。